2014年8月12日火曜日

プロジェクト・ミュー ブレーキフルード G-four335

PROJECT μ ブレーキフルード G-four335

液色が緑色のブレーキフルードです。
リザーバータンクがうっすらと緑色に!
異次元の高沸点化を実現しながらも、耐久性、メンテナンス性にも優れる信頼のブレーキフルード。
300℃近辺を超えると液体の色がグリーンから無色透明へと変化し、交換の目安となります。
との事。
スペックが特に高く
ドライ沸点:335℃
ウェット沸点:221℃

以前使用していたbremboのLCF-600 PLUSは
ドライ沸点:316℃
ウェット沸点:204℃
ちなみに、MOTULのRBF 660 FACTORY LINEは
ドライ沸点:325℃
ウェット沸点:204℃
と、どちらも上回っています。
サーキット走行で使用してもブレーキタッチの変化が起こらないので、安心して走りに集中できます。
交換サイクルも特に短くする必要が無いので、メンテナンス性も良いブレーキフルードです。

※ウェット沸点とは、約3.5%の水分を含んだ状態での沸点です

プロジェクト・ミュー:http://www.project-mu.co.jp/

2014年8月10日日曜日

AZバッテリーチャージャー(リチウムイオンバッテリー充電器)

AZバッテリーチャージャー(ACH-200)

鉛バッテリーの充電には「オプティメイト4」を使っていましたが、サルフェーション除去機能は、リチウムイオンバッテリーには大敵・・・

ということで、リチウムイオンバッテリー用の充電機の購入機会をうかがっていました。
ショーライパワーからも専用の充電器(BMS01-JP)が出ていますが、専用のコネクターでバッテリーと接続する形式なので、他社リチウムイオンバッテリーの充電には使えないのです。

ショーライパワー製品だけを使っているのなら良いのですが、我が家ではAZのリチウムイオンバッテリーを積んだ車両もあるので、汎用性の高いAZのバッテリーチャージャーを購入しました。

使い方は非常に簡単。ワニ口クリップでバッテリー端子を挟むだけ。
充電が完了するとメンテナンス充電に入るので、繋ぎっぱなしにすることが出来ます。
 
ワニ口クリップ以外に、バッテリー端子へ共締めする車両側ケーブルも付属しているので、ワンタッチで充電開始。といった使い方も可能となります。
 
 
 岡田商事:http://www.okada-corp.com/

2014年8月9日土曜日

SUSブレーキパッドピン K-TYPE(Nプロジェクト )

Nプロジェクト SUSブレーキパッドピン K-TYPE(10211):2,400円(税抜)

トキコラジアルマウント 4POT 2PINキャリパー装着の車両に適合
純正のブレーキパッドピンは、サビと段付きが出やすくなっています。
パッドピンも消耗品です。
交換後、既に3年以上経ちますがまだまだ綺麗な状態です。
(走行距離は殆ど伸びてませんが・・・)
Nプロジェクトのパッドピンは、ステンレスで錆び辛く耐摩耗性も高いので、バッドの動きが良くなります。
取付はベータピンでのクイックリリースなので、メンテナンス時の脱着も楽になります。
ワイヤリング用の穴も開いているので、抜け防止のワイヤリングも行えます。
写真は、キャリパーへのワイヤーによるダメージを防ぐため、ヒシチューブでワイヤーを覆っています。
N PROJECT:http://www.nproject-jp.com/

2014年8月8日金曜日

フロントホイール固定スタンド(ProTOOLs)

フロントホイール固定スタンド:6,553円(税別)

乗り上げるだけで、バイクを直立させることができるスタンドです。
2年近く使用していますが、車両が倒れたり斜めになるような事はありませんでした。

バイクが直立するので、サイドスタンドを利用するよりもガレージの場所を取らず省スペースに。
メンテナンススタンドを利用する際も、バイクが安定しているので楽にかけられます。

トランポにバイクを積むのにも重宝します。
但し・・・サーキット走行後すぐに積みこむと、溶けたタイヤのゴムがスタンドと仲良くなってしまうので、帰宅後はすぐに車両を降ろしましょう(笑)

メーカー:ProTOOLs
型番:TOOL109
適合:インチサイズ10~18インチ、タイヤ幅90~130mmに対応
重量:8Kg

※商品がリニューアルしたようで、5段階の前後調整機能が追加されています。

2014年8月7日木曜日

LifePO4(リチウムフェライトバッテリー)SHORAI POWER(ショーライパワー)

SHORAI POWER(LFX19A4-BS12):21,800 円(税抜)

既に取り付けてから1年ほど経ちますが・・・
今更ながらリチウムフェライトポリマーバッテリー SHORAI POWERの紹介です。
イチバンのメリットはやはり軽さ。
CBR1000RR(07)用のLFX19A4-BS12のスペックは以下に。
Cranking (CCA):  285 A
Weight (Metric):  1048 g
YTZ10Sが約3.2Kgとなりますので、約2Kgも軽量化!
セルを回した時のクランキング勢いも良くなりました。
良く知られていることですが・・・冬季は一度軽くセルを回した後、数秒後にもう一度セルを回すと勢いが戻ります。
※注意事項です
リチウムバッテリーの充電には、サルフェーション除去機能がついた充電器は使用できません。
以前紹介したサルフェーション除去装置はもっての外です。
後付のコンデンサーなどを使用すると、バッテリーを壊してしまうようです。
車外側の充電電圧が安定しない(高電圧になる)バイクもバッテリーを壊してしまうようです。

※当時はAntigravity(アンチグラビティ)に比べて安く買えるのでSHORAI POWERを選びましたが、今ならAZバッテリーから少し安く出ているので、そちらも選べます(現在VTR250とCBR150Rで使用中)。
AZリチウムCBR1000RR SC57用適合:ITZ10S-FP

SHORAI POWER適合検索
AZバッテリー商品要項表&互換表

Social icon